アクアリウムで癒やされる?アクアリウムの効果と実例

アクアリウムアクアリウムには、癒しの効果があると言われています。
しかし、なぜアクアリウムで癒されるのでしょうか。

 

アクアリウムの効果や実例について、詳しく解説していくことにします。

 

アニマルセラピーとアクアセラピーの融合

 

アクアリウムは、アニマルセラピーアクアセラピーが融合されており、
リラックス効果や癒しの効果などを、発揮してくれると考えられています。

 

これは、医学的にも証明されており、アメリカなどの先進国では積極的に導入されているものです。

 

そもそも、アニマルセラピーとアクアセラピーには、どのような効果があるのでしょうか。

 

まず、アニマルセラピーですが、動物に触れ合うことで、
精神面や肉体面の機能向上効果が期待できると考えられています。

 

例えば、リラックス効果やくつろぎ効果、神経筋組織のリハビリ効果、
病気の回復効果などがあることが分かっているのです。

 

一方、アクアセラピーですが、こちらは自然と触れ合うことで
肉体機能向上効果、リラックス効果があることが分かっています。

 

自然に触れると非常にリラックスすることができるということは、
専門的な知識がない一般の人でもよく実感することなのではないでしょうか。

 

自然の中には、たくさんのマイナスイオンが存在しており、
そのマイナスイオンがリラックス効果を促してくれることが分かっています。

 

近年、マイナスイオンに関連する、セラピー商品が増えているのは、
このようなリラックス効果や、ストレス解消効果があるからです。

 

以上のことから、アクアリウムは、熱帯魚などの生き物達を眺めることで得られる効果と、
水槽の中で表現されている、自然に触れ合うことで得られる効果が同時に得られることになります。

 

アクアリウムってどこに設置されているの?

 

次に、アクアリウムの実例について、ご紹介していくことにしましょう。
身近にある実例としては、病院を挙げることができます。

 

病院に対して持つイメージは、決して明るいものではありません。
苦痛や不安、退屈などを抱いてしまう場所といっても良いでしょう。

 

多くの病院で、アクアリウムが取り入れられている理由は、
この苦痛や不安、退屈を緩和させるためなのです。

 

病院の雰囲気が明るくなる他、病院嫌いの子供達でも、水槽の中を眺めることによって、
次第に落ち着きを取り戻したり、病院嫌いを口にしなくなるということが実際に起こっています。

 

また、小さな魚達の動きの可愛らしさに笑いが起こったり、
泣きじゃくっていた子供が、水槽の中を見ることで、落ち着きを取り戻すことも珍しくありません。

 

病院の他にも、ホテルや企業、幼稚園や保育園、イベント会場などでも、
次第にアクアリウムが導入され始めています。

 

アクアリウムは、癒しを必要としている現代社会にとって、欠かすことが出来ない存在なんですね。