水槽の濾過について

アクアリウムを楽しむ上で必ず必要となってくることが、水を循環させることです。
水槽に水を入れただけだと淀んでしまい、異臭をはなち腐ってしまいます。
「水は生もの」という感覚と言ってもいいかもしれません。
その為、ブクブクなどエアレーションをつけたり、濾過装置をつけて水を循環させる必要があります。
水は水流をつけることで、波立った面から酸素を取り込みます。
自然の川や海と同じ原理です。

 

川や海のように常に新しい水が入っててこない水槽では、定期的な水換えが必要です。
しかし、ろ過機をつける事で水のよごれを抑え手間のかからない綺麗な水槽を維持できるのです。
水槽のろ過には様々な方法があるので、いくつかご紹介します。

 

 

エアレーション

一般的にブクブクなどの呼び方で、水槽をあまり知らない方にもなじみのあると思います。
これ自体にはろ過機能はなく、酸素の供給のみです。
しかし、これと他の装置を組み合わせることでろ過機能を発揮することができます。

 

投げ込み式フィルター

エアレーションとセットで使うものが多くあります。
水中を空気と水が一緒にが上がっていく原理を利用しています。
スポンジの付いた部分に水が通ることでろ過します。
使用方法が簡単な為、初心者向けの水槽セットについています。

 

底面式フィルター

投げ込み式と原理は似ていますが、底面式はスポンジではなく砂利でろ過します。
砂の下にフィルターを敷き、その上に砂利を敷きセットします。
砂利は多孔質な為、スポンジよりも細かな汚れをとることができます。
ただし、汚れが詰ると効果を発揮しない為、定期的な砂利の掃除が必要です。

 

上部式フィルター

水槽上部にフィルターを取り付けろ過する方法です。
ポンプがついており、水をくみ上げフィルター内のろ材やスポンジを水が通過しろ過します。
手入れが簡単で扱いやすいです。

 

 

外部フィルター

アクアリウムで主流になっているろ過方法です。
フィルター内にポンプが内蔵されており、タンクのに入ったろ材やスポンジを水が通過することでろ過します。
身近なものでたとえると浄水器と仕組みは少し似ているかもしれません。
価格も安価なものもあり高いろ過能力を発揮する為、使用している人も多いです。

 

オーバーフロー

その他のろ過方法よりも高いろ過能力を発揮します。
水槽の下にろ過槽とよばれる小さな水槽を設置します。
このろ過槽がフィルターの役割を果たす為、水量を多く確保でき安定した水槽を保てます。
プロテインスキマーや殺菌灯などの付属品を付けることでさらに、ろ過能力を高められます。
飼育の難しい海水魚にも向いています。

 

 

様々なろ過方法がありそれぞれの水槽に適した機材を選定する必要があります。
はじめての方は水槽レンタル専門のプロに相談してみるのもいいかもしれません。
機材の選定から設置を行い、その後のメンテナンスもやってくれます。