水槽にはどんなサイズやデザインがあるの?

水槽には、どのようなサイズやデザインがあるのでしょうか。
まずは、水槽のサイズから詳しく解説していきます。

 

水槽のサイズについて

一般的な水槽は、規格水槽と呼ばれており、
ペットショップなどでも購入することができます。
屋内で使用することを前提に作られていて、ガラス製やアクリル製がほとんどです。

 

45p、60p、90p、120p、180pの5パターンがあり、
日本国内では、60p以上の水槽を大型水槽と呼んでいます。

 

また、屋内水槽には、規格水槽以外のものも存在し、
飼育する生体に合わせたり、設置する場所に合わせて特注で作ることもあります。

 

例えば、らんちゅうの飼育用に使用するらんちゅう水槽や、
壁にはめ込む水槽立方体となっているキューブ水槽
家具と一体型になっている水槽などがあり、サイズも様々です。

 

規格外の水槽とはいえ、市販されているものも多く、
30pの大きさから数メートルに亘る巨大水槽まで存在します。

 

あまり大きな水槽から始めてしまうと、管理が非常に大変となりますし、
業者にメンテナンスを依頼したとしても、毎月高額な費用が掛かるでしょう。

 

ですから、特に初心者であれば、
飼育や管理がしやすい60pの規格水槽から始めることがおすすめです。

 

水槽のデザインについて

次に、水槽のデザインについて、ご紹介していくことにしましょう。
水槽のデザインは、これといって決まりごとがありません。

 

ですから、好みやデザインした技術者の力量によって、水槽のデザインは違ってきます。
また、生体によって、できる限り本物の自然の状態に近づけた
デザインにしなければならないこともあるでしょう。

 

特に、海水魚を飼育する場合、水槽のデザインを工夫することによって、
魚達への負担を軽減することができます。

 

また、最近は、水槽をデザインするための、人工的な備品などが数多く販売されていますが、
適切なものを選ばなければ、魚達に悪影響を及ぼすことになるでしょう。

 

そのためか、多くの水槽レンタル業者では、
人工物を一切使用せずに水槽をデザインするケースが増加しています。

 

このようにみていくと、水槽のデザインに一貫性がないように感じてしまいますが、
結局のところ、生体の種類に合わせてベースとなるデザインを決めていくことがほとんどです。

 

例えば、淡水魚であれば、砂利や水草、流木を使用したり、
海水魚であれば、イソギンチャクや砂、ライブロックを使用します。

 

尚、水槽のデザインを本物の自然に近づけると、
人間に与えるリラクゼーション効果が高まることが分かっていますので、
アクアセラピーを意識したデザインにすることもできるでしょう。

 

水槽のサイズやデザインは、決められた中から選ぶこともできますし、
すべてオリジナルにすることも可能です。
好みや予算に合わせて、楽しんでみてはどうでしょうか。