水槽メンテナンスって何をするの?

観賞魚を飼育するのであれば、定期的に水槽をメンテナンスすることが重要です。
しかし、水槽メンテナンスとは、一体どのようなことを行うのでしょうか。

 

詳しくご紹介していくことにしましょう。
基本的には、水槽の掃除と水換えを行います。
タイミングによって、水換えのみを行えば良いこともありますが、
常に水槽の中を綺麗に保つためには、適度に水槽を掃除することが大切です。

 

重要なのは水質を一定に保つこと

 

水槽の水換えまず、水換えについてですが、
単純に水を換えれば良いわけではなく、
水質を保つことがポイントとなってきます。

 

そのため、全ての水を換えたりせず、
3分の1の水のみを換えていきます。
汚れが酷い場合は、
全ての水を換えた方が良いという人もいますが、
そもそも汚れが酷くなるまで
放置しておくことに問題があるでしょう。

 

また、すべての水を換えてしまうと、
一気に水質が変化してしまい、
魚達が体調不良を引き起こしてしまいます。

 

ですから、水質が酷くなる前に、様子を見ながら3分の1のみ水を換えていくのです。
専門の業者にメンテナンスを依頼している場合は、
水槽の状況に合わせて水を換えてもらえますので、心配することはありません。

 

尚、水を換える際は、必ずカルキ抜きを行います。
必要に応じて、粘膜保護材を入れることもありますが、
水槽の状況に合わせて利用する形となるでしょう。

 

また、魚達にとって、水温はとても重要です。
適切な温度にしてから、水を水槽に加えていきます。

 

水槽を掃除しよう!

次に、水槽の掃除についてですが、水槽だけではなく、
ろ過装置や水槽の底に敷いた砂利なども綺麗にしなければなりません。

 

ただし、あまりにも綺麗にし過ぎてしまうと、ろ過バクテリアを著しく減少させてしまい、
水質を変化させる原因となるため、一定の期間を空けながら少しずつ掃除していくことになります。

 

例えば、ろ過装置を綺麗にして1ヶ月程度経過してから、砂利を綺麗にするといた具合です。

 

水槽の掃除それから、水槽のガラス面についてコケの掃除は、
主に専用のスポンジを使って行います。
一言でコケといってもいくつかの種類がありますので、
水槽の状況によって清掃方法が変わってきますが、
難しい作業ではありません。

 

そして、クリーナーを使って、砂利にまとわりついているゴミや糞を取り除いたり、
水草がある場合は、整える作業も行っていきます。
この他にも、水槽内に人工的な装飾物などを置いているのであれば、
それらの汚れも綺麗にしていくのです。

 

業者にメンテナンスをすべてお任せした場合、技術力が高い業者であれば、
1ヶ月に1回程度のメンテナンスのみで、きれいな水槽環境を保つことができます。

 

また、メンテナンス時間も、30分から1時間程度しか掛りません。
このように、適切な水槽環境を保つためにも、メンテナンスは欠かすことができないのです。