熱帯魚の寿命について

巷では、熱帯魚に関する数多くの噂が存在します。
その中には、間違った知識も多く、実際に熱帯魚を飼育してみてから、間違いに気づくことも多いのです。

 

中でも、熱帯魚の寿命に関しては、間違った情報や噂が多いと言っても良いしょう。
そもそも、熱帯魚の寿命とは、どの程度のものなのでしょうか
詳しくご紹介していくことにします。

 

熱帯魚の寿命はもとから決まっていた!

結論からいいますと、飼育環境に左右されてしまう面もありますが、
各熱帯魚の種類によって、ある程度の寿命が決まっているというのが真実です。

 

ですから、2年程度の寿命という熱帯魚もいますし、5年前後という寿命の熱帯魚も存在します。

 

飼育が難しい熱帯魚は、飼育を始めて間もなく全滅してしまうケースが多いため、
つい寿命が短いと感じてしまいがちですが、特に問題がなければ、寿命通りに最期を迎えることがほとんどです。

 

ただし、人間と同様で、あくまでも寿命は目安ですので、必ずしも寿命通りしか生きないわけではありません。
環境が良ければ、大幅に寿命を超えることもあります。

 

また、体が小さ目の熱帯魚は、どうしても寿命が短い傾向にありますが、
比較的体が大きめの熱帯魚であれば、飼育環境によってかなり長生きすることもあるでしょう。

 

具体的に熱帯魚の寿命を見てみよう

では次に、具体的な熱帯魚の種類をご紹介しながら、寿命をみていくことにしましょう。

 

ネオンテトラまず、ネオンテトラですが、
水質や水温の変化に弱く、飼育することが難しいこともあり、
平均寿命は2年程度と短めです。

 

逆に寿命が長めなのは、ブラックテトラやゴールデンバルブ辺りでしょう。

 

飼育がしやすい熱帯魚ですし、なんといっても体が丈夫なことから、5年程度は元気な姿を見せてくれます

 

エンゼルフィッシュそれから、熱帯魚の中でも人気が高いエンゼルフィッシュも、
平均寿命は5〜6年程度と長めです。

 

中には10年以上も長生きしたツワモノも存在しますので、
快適な飼育環境を用意してあげると、比較的長生きしてくれる熱帯魚だといっても過言ではありません。

 

 

大事なペットとして最後まで大切に

以上、熱帯魚の寿命についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
つまるところ、熱帯魚は、犬や猫などのペットのように、長生きはしないということになります。

 

とはいえ、基本的な寿命が分かっていれば、熱帯魚の体調の変化が見受けられた時に、
その原因が寿命によるものなのか、水質の悪化なのか、またはその他の理由なのか、
追及する判断材料の1つとすることができます。

 

寿命がそう長くはないからこそ、熱帯魚の種類によって飼育方法を工夫しながら、
少しでも長生きすることができるように、最後まで大切に育てたいものです。